文字サイズ
  • 標準
  • 大


サイトマップ
お問い合わせ
医療関係者向け情報
ホーム 製品の使い方 糖尿病について よくあるご質問 お知らせ

ホーム > 製品の使い方 > 使い方5ステップ(メディセーフフィットスマイル+ファインタッチ)

製品の使いかた



使い方5ステップ メディセーフフィットスマイル ファインタッチ



STEP1 準備する

製品写真


 冬場など「寒い部屋に保管したチップと測定器」を「暖かい部屋へ持って行って測定する」場合は、チップと測定器を20分以上測定する場所へ置いて温度をなじませてから測定して下さい。温度変化により測定値に影響が出ることがあります。
あらかじめ流水で手を洗い、清潔な状態にしてから、測定をはじめてください。

▼
STEP2 測定用チップをつける


キャップの両端の突起に指をかけ
ゆっくり引いてはずすと電源が入る。


STEP2-3
測定用チップのフィルムシールをすべて
はがし、測定用チップを血糖計の先にまっすぐ
押し込む。まっすぐにチップケースを引き抜く。

STEP2-4
「ピピッ」と鳴って、「血液をつける」と表示される。

※「周囲の温度が低い」が出た場合は測定器の温度が低いことが想定されるので、温度になじむまで20分以上待つ。


▼
ページのTOPへ戻る
STE3 穿刺する

STEP3-1
針をつけ、つき当たるまで
押し込む。針の根本を手で
押さえながらキャップを
ねじって抜く。
STEP3-2
測定する指(穿刺
する指)をアルコール
綿などで消毒する。
STEP3-3
針を指先に軽く
当てて、プッシュ
ボタンを押す。
STEP3-4
指先を軽く押して血液を出す。

約2.5ミリの球状になるまで

穿刺の深さを調整するときには…
STEP3-5
ダイヤルを回し、▼マークと目盛りを合わせる

【目盛りを選ぶときのめやす】
●やわらかく、薄い皮膚…目盛り 〜1
●平均的な皮膚…目盛り2〜3
●厚くて、かたい皮膚…目盛り4


▼
ページのTOPへ戻る
STEP4 測定する


STEP4-1
「血液をつける」の表示を
確かめる。

STEP4-2
測定用チップの先端を血液に軽く
つける。「ピー」と鳴るまで先端を
つけておく。音が鳴ったら血液から
すみやかに離し血糖計を静かに置く。
STEP4-3
「ピー」と音が鳴り、測定値が表示される。


STEP4-2
本体を置いて、手を近づけても測定できる。

▼
ページのTOPへ戻る
STEP5 かたづける


STEP5-1
空のチップケースをかぶせ、
裏面にあるイジェクターを
前に押し出してチップをはずす。
STEP5-2
キャップをかぶせると、自動的に電源が切れる。

STEP5-4
必ず針にキャップを
かぶせてから
はずす。
STEP5-5
血糖計と穿刺ペンを携帯ケースに戻す。



*使用済みの測定用チップと針は、病院や医師の指示にしたがって処分してください。
14T388


ページのTOPへ戻る  HOMEへ戻る



Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.