糖尿病と上手に付き合う

血糖自己測定(SMBG)をよく知ろう

読みづらい場合は、拡大してご覧ください。

血糖値が高い?低い? どれが本当?

lifestyle_article01_01

病院での検査値、家での測定値が違うのはなぜ?

血糖自己測定器の測定値が、病院で測る値と±10%の誤差がでても許容範囲です。

血糖値は刻々と変化しています。

食後は血糖が高くなり、食後時間が経つと血糖は低くなります。

血糖値は体調や心の状態にも左右されます。

血糖値は、食事、運動、その日の体調、心の状態などにも左右されます。

血糖値は採血した部位によっても異なります。

指先の毛細血管と腕の静脈血ではブドウ糖の量が異なるので、血糖値も異なります。

血糖値は測定器や測定環境によっても変わります。

lifestyle_article01_06

正しい値を得るには測定器を正しく使うことが大切です。

血液がうまく出ない時は、無理に押し出さないでください

血液が足りなかった場合、チップに二度付けしてはいけません。新しいチップを用意し十分な血液を出してから測定しましょう。

血糖自己測定を行う目的を理解しましょう。

血糖が高い場合の原因、低い場合の原因を理解しておきましょう

血糖自己測定は継続して行うことが大切です。

測定値は測定ノートに毎日記録して、病院へ持参しましょう

[監 修]富永 真琴(医療法人社団友志会 リハビリテーション花の舎病院)
日本糖尿病協会検証済み
2021年9月更新

同じテーマの記事をみる

ほかのテーマをみる

テルモは、糖尿病患者さんの毎日にしっかり寄り添えるソリューションの提供を通じて、
その笑顔をほんの少しでも支えられるよう、共に歩み続けていきます。