糖尿病の治療

運動療法をよく知ろう

読みづらい場合は、拡大してご覧ください。

どうして糖尿病には運動療法が必要なのですか?

糖尿病の治療には、エネルギーの消費量と基礎代謝を上げる運動療法があります。

運動療法にはどんな効果があるのでしょうか?

運動療法の効果を知りましょう。

運動を始める前に行うことはどのようなことですか?

運動療法はメディカルチェックを受けてから始めましょう。

効果的な運動とはどのようなものでしょうか?

効果的に運動を行うためには「全身運動」「有酸素運動」「一定の強度で一定時間行う」「中2日以上あけない」が原則です。

運動療法の基本は歩くことです。

運動療法の1つにウォーキングがあります。 20分以上の早歩きは効果が期待できます。

運動の消費エネルギーはどのくらいでしょうか?

どの運動がどのくらいのエネルギーを消費するか知っておきましょう。

運動をすすめる上で、どんなことに注意すればいいのでしょうか?

運動をする上での注意点を知っておきましょう。

体調の悪い日は無理せず運動を休みましょう。

体調の悪い日は無理せず運動を休みましょう。

ライフスタイルにあった方法で行いましょう。

運動の時間がとれない時は、日常生活で活動量をアップさせるようにしましょう。

運動を継続させるためのコツは?

運動は無理をせず、続けられることを選んだり工夫をしましょう。

[監 修]片山 隆司(かたやま内科クリニック 院長)
日本糖尿病協会検証済み
2021年9月更新

同じテーマの記事をみる

ほかのテーマをみる

テルモは、糖尿病患者さんの毎日にしっかり寄り添えるソリューションの提供を通じて、
その笑顔をほんの少しでも支えられるよう、共に歩み続けていきます。