メディセーフウィズ

使い方

仕様

品名
メディセーフウィズポンプ本体
コード番号
MZ-PP01
寸法
長さ:約77.9mm 奥行き:約40.1mm 幅:約18.9mm
(ポンプ本体、カートリッジ、ホルダーを組み合わせた状態の寸法を示し、カニューレ長さは含まない)
質量
約34g
(ポンプ本体、カートリッジ、ホルダーを組み合わせた状態の質量を示し、インスリンは含まない)
品名
メディセーフウィズリモコン
コード番号
MZ-PR01
寸法
長さ:約136.2mm 奥行き:約75.0mm 幅:約14.3mm
質量
約152g
(単4形アルカリ乾電池2 本を含む)
品名
メディセーフウィズカートリッジ
コード番号
MZ-PC10
リザーバー容量
200U/2mL
品名
メディセーフウィズ充填器
コード番号
MZ-PF01
充填量
100~200U
品名
メディセーフウィズ留置セット
コード番号
MZ-PS10
カニューレ
長さ:約6mm、外径:約0.7mm

各種設定

基礎レート

設定単位
0.05U/h(0.00~35.00U/h)
パターン設定
最大3パターン(30分刻み、24時間(48分割))
一時基礎レート
投与レートまたは投与比率(0~200%)で設定

ボーラス

注入単位
0.1U(0.1~25.0U)
ボーラス投与モード
ノーマルボーラス(速度:1.5U/分)
クイックボーラス(速度:15U/分)
ロングボーラス(時間:30分~8時間、増加単位:30分)
ノーマルボーラス(速度:1.5U/分)
組合せボーラス
その他
ボーラス計算機能(残存インスリン時間範囲:2~8時間)

主なリモコン設定

パスコード設定、リモコン忘れお知らせ機能、りれき(最大90日分)

販売名:メディセーフウィズ
医療機器承認番号:22900BZX00374
特定保守管理医療機器

よくあるご質問

読みづらい場合は、拡大してご覧ください。

リモコンと通信が切れた場合でも、ポンプの動作は継続しますか?

基礎レート、ボーラスの投与中に通信が切断した場合でも、インスリンの投与は継続されます。
ただし、リモコン上の投与進行グラフや投与実績が更新されなくなりますので、速やかに通信が再開できるようにポンプとリモコンを近づけてください。

エネループなど、充電式の電池は使用できますか?

充電式の電池は使用できません。本品が有する機能や性能が得られない可能性があります。
単4形アルカリ乾電池をご使用ください。

「ポンプ本体6か月経過」アラートが出ましたが、手元に新しいポンプがありません。
ポンプは継続して使用できますか?

ポンプ本体の耐用期間6カ月が経過した場合、「ポンプ本体6ヵ月経過」アラートが出ます。
「ポンプ本体6か月経過」アラートが出た後に、すぐにポンプ本体が使用できなくなる訳ではありません、継続してポンプ本体の使用は可能ですが、必ず次回受診時には新しいポンプ本体を受け取り、出来るだけ早めにポンプ本体を交換してください。

画面の「基礎レート」「ボーラス」「基礎レート一時停止」ボタンが押せません。(反応しない)

1
リザーバー薬液残量表示部に「×」が出ている


2
「基礎レート」「ボーラス」「基礎レート一時停止」ボタンを押しても反応しない場合は、直前にカートリッジまたはポンプ本体の交換が必要なアラームが発生している可能性があります。「警報りれき」を確認し、直前のアラーム発生状況を確認してください。

電池交換後電源ボタンが入らない、入りにくいときは?

電池を入れ“セルフテスト”完了後、電源ボタン長押し(4秒)を確認します。電池を入れた後、リモコンのセルフテストが自動ではじまります。ピーっと音が鳴り、リモコンがバイブ振動します。
セルフテスト完了後、長押し(4秒)電源が入るか確認してください。電源がはいりにくい場合は、ボタンの中央を押し込むように押してください。

留置セットの保護カバーはどこに入っていますか?

留置セットの箱(単位箱)を開け、箱の左部位の「ここに保護カバーが入っています」と書かれたスペースに保護カバーが入っています。

メニュー画面への戻り方が分かりません。

各メニュー画面(基礎レート、ボーラス、一時停止、りれき)でリモコンの電源ボタンを押すとメニュー画面に戻ります。

リモコンの電源を切ることはできますか?

できます。リモコンの電源ボタンを押し、メインメニュー画面を表示させます。(リモコンの電源ボタンを押したとき、メインメニュー画面に戻れる画面は、各メニュー画面、基礎レート、ボーラス、一時停止、りれきです。)メインメニュー画面が表示されている状態でリモコンの電源ボタンを長押し(2秒以上)して、[ オフ]をタッチしてください。画面が消灯し、リモコンの電源が切れます。

ポンプを装着したまま入浴してしまった場合、継続して使用は可能ですか?

ポンプ本体は防水ではありませんので、継続してのご使用はお控えください。出来るだけ早めにインスリン注射手段に切り替えてください。

検査時のインスリンポンプの取扱い、取り外し要否について教えてください。

インスリンポンプは磁気の影響を受ける可能性がありますので、X線、MRI、CT等の検査を受ける前には、必ず下記の通り取り外しをお願い致します。(留置セットには金属部品が含まれるため、留置セットも身体からはがす必要があります。)

取り外しが必要なもの

取り外し方法

ポンプを留置セット(イージーパッチ)から外した後、留置セットを身体からはがします。

詳細は下記をご確認ください。

公益財団法人 日本糖尿病協会 インスリンポンプ・CGMの検査時啓発ポスター・リーフレット(2.9MB)

テルモは、糖尿病患者さんの毎日にしっかり寄り添えるソリューションの提供を通じて、
その笑顔をほんの少しでも支えられるよう、共に歩み続けていきます。