糖尿病と合併症

糖尿病網膜症をよく知ろう

読みづらい場合は、拡大してご覧ください。

糖尿病と診断されたら眼科も受診しましょう。

糖尿病の三大合併症の1つには糖尿病網膜症があります。

糖尿病網膜症を放置しておくと、失明してしまうリスクがあります。

糖尿病網膜症には自覚症状がありません。

糖尿病網膜症の初期は自覚症状がない場合があります。チェックリストで思い当たる症状がないかチェックしましょう。

糖尿病網膜症はどうして起こるのですか?

高血糖になると血管が障害され、網膜内に出血などが起こりやすくなります。進行すると、硝子体内出血を引き起こすリスクがあります。

糖尿病網膜症はこうして進んでいきます。

進行の度合いによって三段階に分けられます。①単純網膜症 ②増殖前網膜症 ③増殖網膜症

治療は進行の度合によって異なります。

進行の度合いによって、「血糖コントロール」「レーザー光凝固術」「硝子体手術」などの治療を行います。

日常生活での注意点は?

バランス良い食事や適度な運動 等が大切です。チェックリストで確認してみましょう。

厳格な血糖コントロールが重要です。

ヘモグロビンA1Cをできるだけ低くたもちましょう

高血圧、脂質異常症などにも注意が必要です。

高血圧や脂質異常症を併発すると網膜症の進行を促進させてしまうため注意しましょう。当てはまる症状がないかチェック

定期的な検査を習慣づけてください。

検査の目安は進行度合いによって異なります。

[監 修]高木 均(聖マリアンナ医科大学 眼科 教授)
日本糖尿病協会検証済み
2021年9月更新

同じテーマの記事をみる

ほかのテーマをみる

テルモは、糖尿病患者さんの毎日にしっかり寄り添えるソリューションの提供を通じて、
その笑顔をほんの少しでも支えられるよう、共に歩み続けていきます。